社長満足クラブ第45回例会報告

  • テーマ: 「イライラからワクワクへ ~ヒトが育ち、チームが育つ迷路パズル「つなが道🄬」を体験しよう!~」
  • プレゼンター:白川正志 (株式会社 笑足ねっと『からだを使ってヒトと遊ぶ』 代表取締役)
  • 開催日:2024年6月3日(月曜)18時30分から
  • 開催地:都内会議室(八丁堀駅徒歩5分)

内容概要

  1. つなが道🄬が生まれるまで
  2. つなが道🄬を体験してみよう
  3. つなが道🄬で得た気づきを共有しよう

白川 正志(しらかわ まさし)


■経歴 

1969年新潟県生まれ。
日本大学 生産工学部 機械工学科で、ヒトと協調するロボットを研究する。
2002年、ヒトとヒトとヒトがつながる道具と仕組みの組合せと、からだを使った仲間づくりの探求を開始。
2018年、デザイナーと協働し、多様な人々が笑い合う・より良くかかわり合うをコンセプトに「つなが道🄬」を開発。

開催概要

経営者と従業員が、より良い未来に向かって進んでいくために、コミュニケーションを活性化させる組織開発は欠かせません。

組織開発の手法には、研修やロールプレイングなど様々なものがありますが、「座学だと限界があるな・・・」と感じている方も多いのではないでしょうか?

今回、みなさまに体験していただく「つなが道🄬」(ツナガロード)」は、座学では身に着けられないチームワークを、身体を使って体験できる、迷路パズルゲームです。

ボードを傾けビー玉を転がし、落とし穴に落とさないようにチームで協力しながら迷路を攻略します!

この迷路は、言葉に頼らないコミュニケーション、思いやり、想像力など、いきいきとした組織作りに欠かせない要素をフル回転しないと、攻略ができません。

そしてその過程で、参加者の普段見られない隠れた魅力=素の人間力が表に出てくるのも、「つなが道🄬」の大きな魅力です。

身体を動かすことで、座学では得られない体験と学習効果が得られる「つなが道🄬」を、みんなで楽しみましょう!


ぜひ次回の社長満足クラブへお越しください。

開催内容

2024年6月3日(火曜)開催

今回の社長満足クラブは、ゲーム体験。

ゲームといっても単なる遊びではありません。ゲームを通して、コミュニケーションとリーダーシップを学ぼうというもの。

プレゼンターの白川さんはこう言います。

組織のリーダーと構成員は、リーダーシップとフォロワーシップを行ったり来たりする、と。
リーダーはいつでも肩書上リーダーで、メンバーはいつでも原則部下のような立ち位置にはなりますが、何かを成し遂げようと一緒に行動しているとき、リーダーがいつもリーダーシップばかり発揮していたのでは、組織は活性化しません。時にはメンバーがリーダーシップを発揮し、リーダーがフォロワーシップを発揮する。その往来があって初めてよりよい組織となれる。

なるほどその通りです。

そこで、そのリーダーシップとフォロワーシップを行ったり来たりせざるを得ないゲームを楽しみました。

ゲームは極めて簡単。円形のボードに切られた道筋をたどってビー玉をスタート地点からゴール地点へ運ぶだけ。円形ボードは6人が片手で操作し、声を掛け合いながら上下に動かしていきます。
途中途中には、トラップが仕掛けて合ってなかなかうまくいきません。

参加した皆さんは、大声出しあいながらあっちだのこっちだの、大はしゃぎです。
2チームで楽しませていただいたのですが、とても不思議な結果がでました。

その日初めて会った人たちで構成されたチームが、知人友人ばかりで構成されたチームより上手にゲームをこなし、勝者となったのです。

コミュニケーションとは何か。

リーダーシップとは何か。

とても考えさせられる、有意義な学びの多い時間となりました。

そして、今。こちらのクラウドファンディングをやっています。

https://camp-fire.jp/projects/view/757336?list=search_result_projects_popular


期間は2024年6月3日から30日まで。

ぜひ、ご協力をお願いします。

プログラム

開始時間内容担当
18:30開会 趣旨説明高田敬久
18:35自己紹介全員
18:40チームが育つ迷路パズル「つなが道🄬」体験白川正志
19:20質疑応答
19:25振り返り高田敬久
19:55閉会 次回予告