社長満足クラブ第22回例会概要

  • テーマ: 「ドラマブランディングとは」(仮題)
  • プレゼンター:青山雄飛(株式会社andiLL CEO 代表取締役社長 )
  • 開催日:2021年11月8日(月曜)18時から
  • 開催地:都内会議室(小伝馬町駅徒歩3分)

内容概要

  1. 自己紹介
  2. ブランディングとは
  3. 事業内容

青山 雄飛(プロフィール)

  • 青山 雄飛(あおやま ゆうひ)

滋賀県彦根市出身
25歳
株式会社andiLL(アンドイル) 代表

■事業
ドラマブランディング事業
P業界 集客コンサルティング事業
営業代行事業

■経歴
京セラ株式会社(工場勤務)
株式会社つばさプラス(アーティストマネージャー)
株式会社アイ・エヌ・ジー(TBS常駐)
InTurnShipJAPAN株式会社(新卒採用コンサルティング、映像制作)

開催概要

『好きなことで働きたい』
 そんな思いで、唯一の趣味であった音楽業界に就くことを決意。ところが、入社した会社は、THEワンマン経営で、社長の言うことは絶対という環境だった。仕事はイメージしていたものとは全く違い、アーティストの管理、メディアへの営業、PR企画、新人の発掘、新規事業の立案と、したことがない業務ばかり。自身の仕事の出来なさと、パワハラにより精神的に病んでしまい、仕事が手につかず、社長の提案により、グループ会社の1つであったTV局への客先常駐にてAD兼ディレクターとしてTBSに入社した。

 TV局では普段関わることができない仕事で非常に充実感もあり、映像の制作など新しく自分の好きな仕事ができていた。しかし、業界ならではの労働時間の長さに、未来を感じられなくなってしまう。
 やがて、映像制作を独学で学び始めると同時に、SNSで発信を始めた。するとSNSのフォロワーはMAXで900人ほどまでいき、それなりに発信力がつくと、求人広告の総合代理店を経営していた社長から『うちの会社でも映像事業をやりたいから、うちに来てくれないか』とヘッドハンティングを受た。設立2年目のスタートアップ企業の役員として働き始めた。

 営業として死に物狂いで働き続け、それなりの実績を作り、独立起業を決意。

 そしてドラマブランディングという事業にたどり着きました。そんな若者の思いを共有します。

プログラム

開始時間内容担当
18:00開会 趣旨説明高田敬久
18:05自己紹介全員
18:10ドラマブランディングとは(仮題)青山雄飛
18:50質疑応答
18:55振り返り高田敬久
19:25閉会 次回予告